トッププロフィールNEWSBLOGお客様の声会社概要お問合せ・お申込み
よくある質問

ico

Q1:カウンセリングを受ける・講座を受講する、と考えた際に「その内容を聞きたい」場合は有料でしょうか?
A1:メールでのお問合せ及び、5分以内のお電話であれば無料で対応いたします。

Q2:カウンセリングの申し込みに関し年齢や条件はありますか?
A2:20歳以上の方を対象とさせていただいております。

Q3:カウンセリングでの相談内容は限られていますか?
A3:特に限定はありません。
※精神障害や重度の躁鬱状態、介護、負債問題等の場合、カウンセラーより適切な相談者が必要な場合は、適切な機関をご提案する事があります。






icn

Q1:カウンセリングを受ける時、健康保険は使えますか?
A1:カウンセリングは病院と違い健康保険が適応されないため使用できません。

Q2:心療内科に通院、内服中ですが、カウンセリングを受けても大丈夫ですか?
A2:通院中及び内服中の場合は主治医からの承諾があった場合のみカウンセリングを受けていただけます。

Q3:カウンセリングでお話した内容は他に漏れないようになっていますか?
A3:カウンセラーはプライバシーを尊重し秘密を厳守します。
※お届けいただいた個人情報はカウンセリング及び講座等の目的に使用します。

Q4:カウンセリングは何回くらい受ければ、気持ちが楽になりますか?
A4:2009年3月より約半年間で103名中/42名の方が3~5回で心の変化や効果(気持ちが楽になること)を実感していただけました。


Q5:カウンセリングって、何ですか? 心の病気を持った人が行く所というイメージがあります。簡単にカウンセリングの目的を教えてください。
A5:カウンセリングの目的は、ご相談者が前向きに自分の問題に取り組むことができるようになること。カウンセラーはご相談者の「気づき」と「自己成長」を援助するサポート役といえます。





icn

Q1:心理学講座の雰囲気を知りたいのですが見学はできますか?
A1:年に2回、心理学講座体験会を開催しております。ぜひご参加ください。
ご自身が体験することが何よりです。初めての方は「交流分析講座」がおすすめです。

Q2:人間関係でいつも辛い思いをしてしまい、立ち直るのに時間がかかります。改善するにはどの講座が適していますか?
A2:自己理解が深まることでコミュニケーションパターンを変容させることが可能になります。自己理解には「交流分析講座」がお勧めです。さらに人間関係を円滑にするため「コミュニケーション術」を身につけることも効果的です。

Q3:私は人間関係での悩みを抱えています。カウンセリングと心理学講座どちらを受けようか迷っています。どちらが良いのでしょうか?
A3:初回はカウンセリングをお申込みいただき、その後の状態で心理学講座の受講を、ご自身が決断できるようになるかと思います。迷っている場合は一度「カウンセリング」を受けられることをお勧めします。

Q4:心理学講座の受講生には、どんな人がいますか?
A4:悩みの解消法を知りたい、大切な人の気持ちを理解したい、子どもや生徒との接し方を勉強したい、嫁姑の関係や親子関係を改善したい、セルフカウンセリングスキルを身につけたい、という方々がおります。またプロの相談者として実践に役立たせたいと学ぶ方もおります。

Q5:心理学を勉強するのは初めてなのですが、ついていけるでしょうか?
A5:心配いりません。心理学講座を受講された方の92%(2009年3月~半年間実績:27名中/25名)は、心理学を初めて学ぶ人達でした。日常で活用できる内容のものが多く、基礎から学べる講座です。

Q6:心療内科に通院していますが講座は受けても良いですか?
A6通院、及び内服中の方は、主治医の許可を受けてからの受講をお願い致します。状況によっては受講できない場合もございますのでご了解下さい。





ico

Q1:カウンセラー養成講座受講で資格取得できますか?
A1:初級編受講で「修了証」を発行します。
初級編は自己の癒しとセルフカウンセリング技術を身につけることを目指しています。

Q2:カウンセラー養成講座は誰でも受講できますか?
A2:初級編については交流分析修了後に受講可能です。20歳以上、成人の方なら、学歴、職業、性別、住居地などに関わらず受講できます。専門的基礎知識がなくとも全く問題ありません。

Q3:私は他の人と話すのが苦手です。このような私でもカウンセラー養成講座を受講して苦手意識を克服することはできますか?
A3:もちろんできます。「話すのが苦手」には、それぞれの理由があります。講座受講により自己理解が進むことで理解できるようになり、”苦手→得意”に変換していく方も少なくありません。

Q4:仕事と両立しながら、カウンセラー養成講座を受講することは可能ですか?
A4:可能です。お仕事の帰り(19時~21時)又は休日(2時間)開催の養成講座を受講していただけます。マンツーマンは各自のご都合に合わせてゆっくり又は、短期間で学ぶことが可能です。

Aさんの例:月に2回仕事の帰り(19時~21時)に受講(初級編を6か月で修了)
Bさんの例:2週間に1回、休日受講(初級編を6か月で修了)
Cさんの例:月に1回、休日の夜間受講(初級編を1年で修了)
Dさんの例:月に4回、休日の昼間受講(初級編を3か月で修了)