knowledge

心理学の知識

機能不全家族

心を傷つけるような機能不全な家族はただひとつのパターンがあるわけではなく、いろいろな型があります。

一般的に言って、機能不全な家族とは、力のある上のメンバーが下のメンバーを抑圧し安全を守ることができず、適切な愛情や保護が与えられず、一人一人の人格や個性が尊重されない家族です。

たとえば、身体的にも経済的にも、力関係で一番上にいる父親が、下にいる母親と子どもをアビューズ(虐待)し、母親が子どもをアビューズし、大きな姉や兄が弟や妹をアビューズするというものです。

ある程度の機能不全は、どこの家族にもありますが、それが常に起こっていてパターンになっていたり、頻度は少なくても程度がひどかった場合には メンバーの傷となってあとの人生に影響を与えます。

こころの傷は暴力をふるわれたなどの直接的な原因だけでなく、家族の人間関係などで間接的に傷つく場合もあります。

機能不全家族チェックリスト

次のチェックリストの中で、自分の育った家族にあてはまる項目に印ををつけてみてください。
□ 身体的なアビューズ(虐待)があった
□ 性的アビューズがあった
□ 精神的、感情的、言語的なアビューズがあった
□ 怒りの爆発がよく起こっていた。いつも怒りが爆発するかと恐れていた
□ 愛のない冷たい家族だった
□ 人格を否定するような雑言や怒鳴り声が飛びかっていた
□ 威しがあった
□ 他人や兄弟姉妹といつも比べられた
□ 親の思い通りになるようにコントロールされた
□ 親の期待が大きすぎる家族
□ 他人の目を気にする、表面だけ良くふるまう家族
□ あまりにも多くの秘密があったり、外に出してはいけない大きな隠しごとがあった
□ 顔や姿かたちについてからかわれたりばかにされたりした
□ 親と子供の関係が逆転していた
□ 子どもを過度に甘やかした
□ 自分の存在を否定された
□ 依存症や共依存症の親がいた
□ 家のなかのルールに一貫性がなかった

ここにあげられていることが、ごくたまにではなく、頻繁に起こっていたとしたら、あなたの家族は機能不全な家族であり、あなたは家族の中で安全さや快適さを感じることができなかったことでしょう。

また、こうした家族関係のなかで、あなたが間違った人間関係のつくり方や、間違った自己評価を学んでしまった可能性があります。

共依存

自分が機能不全家族で育ったアダルト・チャイルドの中で、よく見られる共存的な行動や人間関係についてのチェックリストをみてみましょう。この行動様式は、ときに日本人のなかに、よく見られるものです。

あまりにも日本の文化の中で当たり前になっていて共依存的な人ほど、他人の世話をする「よい人」として見られがちです。まわりから圧力がかかり、共依存的な行動を強いられることもままあります。

また、自分の問題行動に気がつかなくて、他人のせいにしている場合もありますので、次のリストをチェックしてみて下さい。無意識の行動や言動が、実は「共依存」的なものであることは意外と多いものです。

共依存チェックリスト

□ 自らを犠牲にして相手を助けたり、世話をしたりする
□ 相手の行動、感情、考え方、状態、結果を変えようとコントロールする
□ 問題や危機が起こっているような人間関係に巻き込まれることが多い
□ 依存心が強くひとりでやっていけるという自信がなく、見捨てられるかもしれないと不安にかられる
□ ある特定の相手のことで頭がいっぱいで視野が狭い
□ 自分の問題はたいしたことはないと思ったり、いやなことは見て見ぬふりをしたり、表面はなんでもないようにふるまう
□ 相手とのバウンダリー(境界線)がはっきりせず、相手が落ち込んでいると自分も落ち込んでしまったりする。また他人の問題にのめりこんだり、相手からの精神的、性的、身体的侵入を許してしまったりする
□ 罪の意識におそわれやすく、相手の問題は自分のせいだと思いこんでしまいやすい
□ 過去の人間関係の間違いから学ぶことができず、同じ間違いを繰り返す傾向がある
□ 被害者意識にとらわれ、自分は犠牲者だと思いこみ、弱々しくなる
□ 自分のまわりに害があるのに、波風を立てぬよう問題を明らかにしない
□ 相手から離れられないでしがみついていることを「愛情」と取り違えている
□ 「こうあるべきだ」という社会の通念、または「こうなるはずだ」というファンタジーにとらわれやすい
□ 相手の気分を敏感に察して、先へ先へと頭を働かせたり、心配したりする
□ 「ノー」が言えず、なんでもかんでも引き受けて疲れてしまったり、恨みがつもったりする
□ 責任感が強すぎて、なんでもがむしゃらにやりこなす

●人間であれば、ときには以上のような行動、感情、考え方をするのは当然ですが、、もし、5つ以上の項目がいつも自分に当てはまるようでしたら、共依存者(コ・ディペンデント)かもしれません。

●チェックした項目について、自分はどのように変化していきたいかを書き出してみましょう。こうなりたいと思う自分の目標を考えるだけでなく、書いてみることで自分の決心がはっきりします。

アダルト・チルドレン

アダルト・チルドレン」は、ACOA(adult children of alcoholics) であり、本来、アルコール依存や嗜癖行動などが主な原因で、家庭の機能が崩壊した中で成人した子どもある。

彼らは、機能不全に陥った家庭の中で、精神的、肉体的に虐待されながら、子どもには負担の大きすぎる父母の調整役や家庭維持役までも担う事で必死に生きようとした結果、不健全な適応方法を身につけてしまいます。

このパターンが成人してからの社会生活や家庭生活にも無意識のうちに持ち込まれ、やがては、かつての親と同じような問題を引き起こしてしまいます(世代間伝達)。

家庭関係の修復の途上で、抑圧されたこれらの外傷に気付き、その意味付けを変化することで心の癒しを得ると言われています。

アダルトチルドレンチェックリスト

自分が機能不全家族で育ったアダルト・チャイルドで、心が傷つき、その悪影響が自分に出ているのかどうか、まず認識の段階からはじめましょう。

次のチェックリストで当てはまる項目があったら印をつけてください。
□ ものごとを最後までやり遂げることがむずかしい
□ 自分に自信がない。自分はダメだと思う。
□ 自分に対して過酷な批判をする
□ 人生を楽しむことが下手である
□ 他人と親密な人間関係が持てない
□ 白黒をはっきりさせすぎ、ほどほどにバランスをとることができない
□ 何かあると反射的に反応する、又はなんの反応もしない
□ 必要のないときについ嘘をついたり、ごまかしたりする
□ 必要以上に相手に忠実である
□ 何が正常で何が異常なのかわからない
□ 他人からのほめ言葉を受け入れにくい
□ 他人から助けを得るのが下手である
□ 自分は他人と違っていて居場所がなく、孤独に感じる
□ 自分でコントロールできない状態が起きるとパニックを起こす
□ 他人から認められたいという気持ちが強い
□ 理由もないのによく頭痛や腹痛などがあり、からだの調子が悪い
□ 摂食障害を起こしている(拒食症、過食症、過食嘔吐など)
□ アルコールや薬物(医師からの処方含む)の依存症になっている
□ 非行に走ったり、自暴自棄になって暴れる
□ お茶目で他人の気をそらす
□ 気まじめで他人の言うとおりにする
□ いつもせかせかと衝動的に行動する
□ 何か起こるのではないかと常に恐れる
□ 他人の目が気になる。被害妄想に陥りやすい
□ なにごとも完璧でないと気がすまない
□ 顔やからだに表情がない
□ 何かが変わることに対する恐れが大きい
□ 抑うつ状態に陥る
□ 離人感や解離で自分が自分でないような気がしたりする
□ 自分の感情が鈍麻していたり、からだから出るメッセージに気づかない
□ 怒りが爆発したり、いつもイライラしている
□ 権威のある人の前に出ると過剰に委縮する
□ 記憶力が鈍ったり、または反対にいやな記憶に悩まされて胸がどきどきしたり悪夢をみたりする
□ コミュニケーションの技術に乏しい
□ 自分はいったい誰で、どんな人生の目的を持っているかなどわからず自己が確立していない
□ 対人恐怖があったり、ひきこもったりしている
□ 共依存的な行動に出やすい (「共依存」参照)

●人間であれば、ときには以上のような行動、感情、考え方をするのは当然ですが、もし、10以上の項目がいつも自分に当てはまるようでしたら、アダルトチルドレンの可能性が大きいと考えられます。

健全な人間像

自分のこころを癒し、心の成長を重ねていく時、どんな人間になったら良いのかの指標。

ここに”健全な人間像”をかかげておきます。

【1】自己評価の高い人間
【2】権威者も含めて、他人と対等に話ができる人間
【3】自分の考え、態度、行動、言動に責任をとる人間
【4】自分と他人に愛を与えることができるやさしい思いやりのある人間
【5】自分を大切にし、自分の世話ができる人間
【6】自己が確立しており、自分の目標がはっきりしてる人間
【7】建設的な批評を受け入れ、自分の成長に役立てることができる人間
【8】自分と他人の長所や短所をはっきり現実的に認識できる人間
【9】他人の意見を尊重し、しかも適当な自己主張ができる人間
【10】平安さと落ち着きを持つ人間
【11】自分と他人を愛し大切にできる人をまわりにおくことができる人間
【12】常に自己の成長に努力し、必要な知識や技術を身につけていく人間
【13】家族や友人、職場での人間関係を大切にする人間
【14】たとえつらくとも、感じるべき感情を感じ、適当に表現できる人間
【15】ものを決断する時、いろいろなインフォメーションや方法を考慮に入れ考えることができる人間
【16】いったんじっくり考えて出した決断は、結果を恐れず勇気をもって行動できる人間
【17】自分のことだけでなく他人の幸せも考慮できる人間
【18】自己を超越したスピリチュアリティーにふれ、人類全体や自然保護など大きなことに関心をもつ人間
【19】忍耐強く規律に富んでおり、逆境に負けず、失敗から学んでいける人間
【20】人生を楽しみ、喜びを生活の中に組み入れていける人間
【21】自分と他人のバウンダリー(境界線)を尊重できる人間
【22】自分が間違った時はあやまり、他人に感謝の気持ちを表現できる人間

健全な人間関係

下記に挙げる各項目をご自身のさまざまな人間関係に照らして考えてみましょう。

これらの要素は存在するでしょうか。

健全な人間関係の要素”をチェックしてみると自分の人間関係でうまくいっているものとそうでないものがあるのがわかります。

これらの要素のうち、どれかが欠けているとその関係に穴があいているような 感じがします。

【1】許容・・・・・
*自分は防御の壁をどこまで下げられるか。 相手がこちらの感情に影響を与えてくるのをどこまで許せるか。

【2】理解・・・・・
*自分は相手を理解しているか。相手の言動の意味を把握しているか。

【3】共感・・・・・
*自分はどこまで相手と同じ気持ちになれるか。

【4】同情・・・・・
*自分は相手が心配している問題について純粋に心配することができるか。

【5】尊敬・・・・・
*自分は相手を価値ある存在として扱っているか。

【6】信頼・・・・・
*自分が誰にでも打ち明けるわけにはいかない事柄に相手がどこまで接近してくるのを許せるか。

【7】受容・・・・・
*自分は自分のままで良いか。相手は相手のままで良いか。

【8】誠実・・・・・
*この関係は事実の上に成り立っているか。何らかの下心はないか。

【9】意志の疎通・・・・・
*自分達はお互いにとって重要な事柄を率直に話し合うことができるか。
お互いを理解し、関係を前進させて行くためのコミュニケーションの仕方を知っているか。

【10】一致・・・・・
*自分と相手はどの程度まで好き嫌いが一致しているか。
二人の感じ方や信条に違いがあった場合それはどの程度問題になるか。

【11】個の確立・・・・・
*自分は相手に尽くしながらもどこまで自分自身を維持できるか。

【12】配慮・・・・・
*自分は自分の欲求だけでなく相手の欲求も心に留めているか。

*以上は健全な人間関係に欠かせない要素のまとめ。
コミュニケーションにおいて、「自分は相手を、相手は自分を現実的にみているか。自分はありのままの相手を見ることができるか。相手はありのままの自分を見ることができるか」という点は、何よりも重要。

人間関係の性質のいかんに関わらず、 ”自分の現実を見せられるか、相手の現実を見られるか”ということが人間関係の健全さを決める鍵なのである。

コミュニケーション度

あなたの「コミュニケーション」度★

Q:「あかずきんちゃん」のお話を思い出して下さい☆
幼いころは胸をワクワクさせてきいていたけれど、良く考えてみたらずいぶんとおかしなところがあるようです。
あなたが特に強く感じる疑問点を1~4の中から選んでみてください。

心理学の視点から、あなたのコミュニケーション度を分析☆

【1】オオカミは、なぜ、一番襲いやすい森の中で赤ずきんちゃんを食べなかったのか?
【2】オオカミは、なぜ、おばあさんにばけてから赤ずきんちゃんを狙ったのか?
【3】オオカミは、なぜ、ふたりを食べた後逃げないでベッドで寝ていたのか?
【4】オオカミは、なぜ、おなかを切られたのに目をさまさなかったのか?
    
さて、あなたが疑問に感じたのは何番でしたか?

あなたが疑問に思った内容から、コミュニケーショントラブルの度合いがわかります。

あなたの「コミュニケーションの特徴」を心理学的視点から、みることができます。

↓↓↓

【1】なぜ、森の中で赤ずきんちゃんを食べなかったのか

を選んだ人は・・・自分の考えだけで行動していないでしょうか。
森の中で赤ずきんちゃんを食べないことに疑問を感じたあなたは、気が短くて思いつきのまま行動してしまうタイプかも。
つまらないことで周囲の人たちとぶつかる可能性があるかもしれません。

★コツ! 相手のことも思いやる努力をしてみてはいかがでしょう。

【2】なぜ、おばあさんにばけてから赤ずきんちゃんを狙ったのか

を選んだ人は・・・時には夢をみて、ロマンティックになってみては。
オオカミの演技に疑問を感じたあなたはとても現実的な人。
なんでもはっきりと割り切って結論を出してしまうとおもしろみに欠けた人なんて言われかねません。

★コツ! つまらないと思ってもいろんな人と関わり視野を拡げてみてはいかがでしょう

【3】なぜ、ふたりを食べた後逃げないでベッドで寝ていたのか

を選んだ人は・・・少し臆病なのは、周囲の目を気にしすぎるから。
オオカミがささと逃げればいいと考えたあなたは、気が小さくて用心深いのかもしれません。人との付き合いでも悩んでばかりいて、心を開いた関係が築けないようです。

★コツ! 勇気を出して、周囲の輪に飛び込んでみてはいかがでしょう。

【4】なぜ、おなかを切られたのに目をさまさなかったのか

を選んだ人は・・・たまには、リラックスしてみてはいかがでしょうか。
理屈にあわないことにこだわるのあなたは、とてもまじめな性格です。
物事も決まった通りに運ばないと納得できません。
そんなかたいイメージが周囲の人たちにけむたがられるかも。

★コツ! ささいなことは気にせず、周囲の人と一緒にさわぐ事を楽しんでみてはいかがでしょう。

☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

自分自身のコミュニケーションパターン(癖)をより深く知ることで、不都合を引き起こす行動パターンを変容させることが可能です。
自己理解が進むことで、相手を配慮できる心が育ち、結果的にスムーズな人間関係を築く事もできます。

消極的なため、又は自己主張が強すぎたために、相手との信頼関係が築けなかった。
・・・という、過去に苦い経験をお持ちの方にはコミュニケーション術を学ぶことが非常に役立つかもしれません。
心理学講座では「ハッピー☆コミュニケーション術」を学ぶことができます。

コミュニケーション術を学ぶには コミュニケーション講座(全4回)がオススメ^^☆です。

☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

あなたの積極度

「心理テスト」 あなたの”積極度”はどれくらい?
わくわく^^♪ ドキドキ☆ 「簡単*心理テスト」☆

はじめに

心理テストって一体どんなものなのでしょうか?

「今日は白いスカートにしよう^^♪」とか「バッグはこれにしよう☆」とか、日常なんとなく選んでいる洋服の色や小物・・・。
実は、その中にその日のあなたの心理状態があらわれているのです。
心理テストは、そうした普段の何気ない行動から、その時の心理状態、こころの動きなどを読み解こうとするものです。

☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

心理テストには、標準化された少し難しいものもあれば、遊び感覚でつかえる簡単なものまで数限りなく存在します。
心理テストは1回限りのものではありません。
周囲の環境の影響により、あなたの心理状態が変化すれば、同じ心理テストであっても違う結果になることも少なくありません。
気になった時は、ぜひ!その都度、試してみてくださいね☆

きっと、今まであなたが知らなかった本当の自分に出逢えるはずですよ^^☆

☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

あなたの積極度はどれくらい?

●あなたの積極度をテストしてみてください☆

Q:舞台はピーターパンの世界。ある夜、ピーターパンがウェンディの部屋にやってきて、ネバーランドへの冒険の旅に連れていくことに!もちろん、妖精のティンカーベルも一緒あなたは、この3人のうちの誰になってみたいですか?あなたの積極度を分析します。

● ピーターパン

● ウェンディ

● ティンカーベル

さて、あなたが選んだのは誰でしたか?
選んだ人物によって、あなたの積極度がわかります☆

↓ ↓ ↓

【ピーターパン】・・・積極度・・・100%

☆ピーターパンを選んだあなたは・・・
とても勇気があります!自分がこうしたい!と思ったことは、どんな邪魔が入っても実行します。新しいことは、まず挑戦!とても行動的なタイプです。

【ウェンディ】・・・積極度・・・75%

☆ウェンディを選んだあなたは・・・
自分から行動するより、友達に誘われてやることが多いかもしれません。
一見、消極的に見えますが誘われるとなんでも挑戦する、行動的な面があります。

【ティンカーベル】・・・積極度・・・50%

☆ティンカーベルを選んだあなたは・・・
どちらかというと大胆な行動ができないタイプかもしれません。
でも気配り上手なのでみんなの相談役が得意☆カウンセラーに向いているタイプといえます。今後、積極的な人物と関わる事で、長所をさらに伸ばして行くことができます。

☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

自分をより深く知ることで、不都合を引き起こす行動パターンを変容させることが可能です。
自己理解が進むことで、相手を配慮できる心が育ち、結果的にスムーズな人間関係を築く事もできます。

消極的なために 「その一言!を相手に言えなかった」 という過去の経験をお持ちの方には、コミュニケーション術を学ぶことが非常に役立つかもしれません。
心理学講座では「ハッピー☆コミュニケーション術」を学ぶことができます。

コミュニケーション術を学ぶにはコミュニケーション講座(全4回)がオススメ☆です。
☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

お姫様で選ぶあなたのタイプ

☆童話診断☆ 好きなお姫様であなたのタイプを分析☆

あなたの好きな「お姫様は誰?」

Q:あなたが子どもの頃好きだったお姫様・・・4人のうち、直感で「ひとり」選んでみましょう☆
ストーリーを忘れていても、今のあなたの行動に昔の好みが影響を与えている可能性があります。心理学の視点から、あなたのタイプを分析☆

● シンデレラ姫
● 白雪姫
● 人魚姫
● かぐや姫

さて、あなたが選んだ「お姫様」は誰でしたか?
幼い頃に好きだった物語の「お姫様」の結末に注目することで、あなたの「行動パターンの特徴」を心理学的視点から、みることができます。

↓↓↓

シンデレラ姫

「シンデレラ姫」を選んだ人はハッピーエンドが期待できるかも。
ただし違う見方をすると「苦労をしなければ幸せになってはいけない」「幸せはガマンの後にある」と考えてしまう傾向もあります。人のために努力を重ねて気づいたら自分だけ疲れている・・心当たりありませんか。

☆コツ!「幸せになっていいんだよ!」と、今の自分自身にメッセージを贈る。

白雪姫

「白雪姫」を選んだ人は、誰からも愛される素敵な雰囲気を持っているタイプかも。
多くの人から支えられて幸せになれる要素を数多く持っていると思います。
ただ、自分が得をすることで、誰かが犠牲になってしまっていることに目が向かず、思わぬ反感を買ってしまうことも…。 物語では小人たちに運良く助けてもらえましたが、人から怒りや嫉妬を向けられることは辛い事です。

☆コツ!自分が充実している時こそ、周囲への感謝や他者への配慮を忘れないように心に留めておきましょう。

人魚姫

「人魚姫」を選んだ人は、少女のように純粋な心とはうらはらに、突然、大胆な行動をとり、周りの人々を驚かせるような行動をとるタイプかも。
自分を犠牲にしても、相手に献身的に尽くせるタイプでもあります。あなたの優しさや、慈悲深さに感動する人も多いのではないでしょうか。ただ、「私がこれだけ与えてあげたんだから、あなたも応えてよ」と、相手に見返りを求めてしまい、あなたの純粋さが、相手に重圧感として伝わってしまうかもしれません。

☆コツ!恋愛などで「私ばかり辛い、私ばかり犠牲になってる」と感じたら・・・
「この関係は本当に自分のプラスになっている?」と客観的に考えてみましょう。

かぐや姫

「かぐや姫」を選んだ人は、自分独自の世界を大切にするタイプかも。
他者との時間と自分だけの時間をバランス良く取り、他者にベッタリな付き合い方はあまり好まない一面があるのではないでしょうか。現実的で責任感があるため、「自分より相手を優先しなくてはいけない」という義務感に駆られ、葛藤を感じることもあります。物事に対して「~ねばならない」ではなく素直に「私はどうしたい?」という気持ちを大切にする事も必要でしょう。

☆コツ!「~ねばならない」の義務感を感じたら「私はどうしたいのだろう?」と自分の心を感じてみましょう。

☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

自分をより深く知ることで、不都合を引き起こす行動パターンを変容させることが可能です。自己理解が進むことで、相手を配慮できる心が育ち、結果的にスムーズな人間関係を築く事もできます。
会社でのパワハラ、学校でのいじめ、少しでも減っていくことを心から祈りながら、
心理学講座を開催させていただいています。

あなたの人生脚本については交流分析講座(全5回)にて学ぶことができます。

☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

補足: 【人生は筋書きのあるドラマ・・・無意識の人生脚本】
by エリック・バーン (アメリカの心理学者:交流分析の創始者)

心理学には「誰にでも幼い頃に無意識に立てた人生計画があり、人はその計画にしたがって生きている」という考え方(交流分析:人生脚本)があります幼い子供は周囲からの影響を無批判に受け入れてしまう場合が多いため、親などから多く読み聞かせてもらった童話などから、自分の人生の筋書きを思い描くことがあると言われています。

その筋書きは、その考えを忘れても無意識に保管されているため、大人になってからも幼い頃に思い描いた筋書きに影響されて生きていくことが多いという考え方です。

心理学(交流分析)の理論では、この無意識にある筋書きを『脚本』と言います。

人は誰もが脚本を持っており、自分の書いた人生脚本の「主人公を演じるように行動をする」と交流分析では考えられています。